• ホーム
  • Googleの便利なツールを活用してデータ分析をしよう

Googleの便利なツールを活用してデータ分析をしよう

2019年11月07日

サイトを作った後は、アクセスの状況を確認することが大切です。データを解析していくことでアクセス数アップの方法が見えてくる可能性もあります。そこで便利なのがサーチコンソールです。サーチコンソールを使用すると、サイトにアクセスした方がどのようなキーワードで検索したのかが分かります。キーワード検索で入力される言葉には、その利用者が必要としている情報が含まれています。その内容を知ることにより、今後の記事などに反映させることが有効といえるでしょう。サーチコンソールを使ったチェックはSEO対策において非常に重要となります。

サイト分析ツールの中にはアナリティクスと呼ばれるものもあります。これは非常に高性能なツールであり、サイトの利用者の動向をチェックすることが出来ます。アナリティクスなどを使用すると、利用者がどのようにしてそのサイトにアクセスしたかが分かります。また、アクセスしたにも関わらず、すぐに帰ってしまったという割合も知ることが出来ます。ホームページの弱点をチェックできるのもツールを使う利点となっています。

Googleは様々なツールをリリースしています。Google以外からもツールはリリースされているので、必ずしもGoogleのものを使わなければならないわけではありません。しかし、世界的な検索エンジンを運営しているGoogleのツールの信用性は非常に高く、利用することは有効となります。実際にサイト運営者の多くはGoogleのツールを使用しています。利用者の動向は時代や情勢によって変化します。解析や分析を行っていないとそういった変化に気づくことが出来ません。それゆえにツールを用いて分析や解析を行い、臨機応変に利用者のニーズを満たすことが重要となっています。

また、Googleでは検索表示の基準となるコアアルゴリズムをアップデートします。そのアップデートがあると検索順位が変動することもあります。利用者の動向を解析していれば、アップデートによる影響を把握することが可能になります。その点でも非常に役立つといえるでしょう。ツールの性能はどんどん向上しており、より細かいデータを入手できるようになりつつあります。もちろん、利用者個人の情報ではなく、全利用者の統計的な情報なのでプライバシーの問題もありません。ホームページ運営にどうデータを活かしていくかが、アクセス数の増減に大きく関係することもあります。