• ホーム
  • コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

2019年06月09日
タブレットを見ている女性

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOはよく似ていますが、実際には区別されます。コンテンツマーケティングはコンテンツを配信することにより、最終的なエンゲージメントを作るマーケティング手法のことを言います。コンテンツSEOはサイト上に利用者が興味を持ちそうなものを用意し、アクセス数を増やすために実施されます。エンゲージメントまで含めた幅広い要素を含むのがコンテンツマーケティング、アクセスや興味を持つ人の増加を目的にするのがコンテンツSEOです。

いずれも潜在的な利用者を増やすためのサービスを拡大させるという点は共通しており、手法も被ることが珍しくありません。ただし、制作者はどちらを行うかにより、作り方が大きく変わることもあります。SEOの場合はとにかく利用者の興味を惹くことが重要となっています。最終的にエンゲージメントに繋がるかどうかは、他の部分の役割となります。それゆえに柔軟に多種多様なサービスを用意しやすいというメリットがあります。

サイトにアクセスした方の全てが顧客でなるというわけではありません。しかし、アクセスしてもらわないことにはそもそも顧客とすることは難しいといえるでしょう。それゆえにまずはアクセス数を増やすことは大切です。サイトの利用者を顧客に切り替えられるかについては、コンテンツ以外の他の部分も影響します。SEO対策では幅広い要素を踏まえておくことが重要となります。

SEO対策で集客をアップするためには目的を明白にし、利用者に比較される中でも目を引く要素を用意することが欠かせません。アクセスを何度も行ってもらうことが出来れば、その利用者が顧客となる可能性が上がります。

ホームページの中には、何故このサイトにこの記事があるのだろうと思う方もいるかもしれません。一見関連性が低そうに見えるものであっても、実は顧客を拡大することに役立っているというケースがあります。戦略的に中身を用意することがSEO対策において重要となっています。便利な要素を多数用意しているサイトはSNSでも話題になることがあります。SNSで一度話題になると、大きなアクセス数を記録することが出来る可能性も高まります。それゆえに話題になる要素を多く含む内容をサイトに用意し、誰かに話したくなるような記事を配置することも有効といえるでしょう。制作者は集客をすることを意識し、比較されたとしても違いを出すことが大切です。